Coin-compass.net|初心者向け - 仮想通貨の最新ニュース

Coin-compass.net

用語集

「気絶投資法」の意味・使い方を徹底解説 - 仮想通貨用語解説

更新日:

「気絶投資法」や「億り人」など、巷で話題の仮想通貨の専門用語の意味や使い方を解説します。

気絶投資法

値動きに翻弄されて仮想通貨を投げ売ってしまうことを防ぐための手立て。長期保持を前提に、通貨を購入したことを忘れたようにふるまうこと。売った後に限って高騰し後悔した経験は誰にでもあるはず。

気絶投資法はいわゆる狼狽売りなどを防ぐために用いられる手段です。
投資初心者のうちは、少しの値動きで損切り、利確したくなってしまいますよね。それでは投資の効果をあまり得られず労力ばかりが嵩んでしまうので気絶しておいたほうがよいでしょう。

しかし注意しなければならないのは気絶投資法が許されるのは現物取引の場合のみです。FXの場合は気絶している間に暴落、暴騰があるとロスカットされてしまう恐れがあり、最悪の場合追証がかかる場合もあります。FXでポジションを持つときは、ポジションを解消するまできちんとモニタリングしましょう。

現物取引の中で高値で摑まされ損切りのタイミングを失ってしまった場合、半強制的に気絶せざるを得なくなる状況があります。当分はあがって来ないレベルの金額で掴んでしまったときは、一旦そのコインのことは忘れて別の投資先を探しましょう。逆に高値で掴んだ損を埋めようとなんぴんに走るとリスク面では高くなってしまうので、大人しく気絶する方がよいでしょう。

ビットコインの初期時代1ビットコインをお年玉でもらって、本人もすっかり忘れていたのですが、最近気づいたら価値が何十倍にも上がってた、という半紙も聞きますね。そういうのは意図せず気絶投資法となり功を奏した例でしょう。もしコインを所有していることを自覚していたら何倍かに上がった時点で手放してしまう可能性が高かったでしょう。

人気取引所ランキング

 順位取引所特徴公式
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Binance 手数料も安く、草コインの取り扱いも豊富!公式サイト
Zaif取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

-用語集

Copyright© Coin-compass.net , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.