Coin-compass.net|初心者向け - 仮想通貨の最新ニュース

Coin-compass.net

仮想通貨・ビットコインの用語集

仮想通貨の界隈や、ビットコインの取引所チャットにて飛び交う専門用語、俗語、スラングをまとめました。

仮想通貨の取引界隈には様々な単語が飛び交っています。ブロックチェーン、ウェブウォレットのような技術的な用語から、アオリイカ、ガラのような誰が考えたかわからないスラングまで、独特の文化が醸成されています。

用語を制するものが仮想通貨を制する!

専門用語を使いこなして、億り人と渡り合おう!

    数字

  • 0承認

    取引がどのブロックにも承認されていない状態をさす。0承認の状態の仮想通貨はともすれば二重支払いの可能性を孕んでいるため受け入れないのが身のためである。

  • 51%攻撃

    1つのノードがマイニングプールにおける過半数の計算力を持つ状態。不正な取引や報酬の独占などが発生する恐れがあるという問題があるが現状有効な対策はない。

  • ア行

  • アオリイカ

    日本海で獲れるイカ。転じて取引所のチャットなどで他人を煽るユーザーのこと。アオリイカに惑わされず自分のスタイルを貫こう。「あいつはアオリイカだから気にするな」...続きはこちら

  • アルトコイン

    Alternative Coin(代替のコイン)のこと。ビットコイン以外の暗号通貨の相称で全世界に1100種類以上ある。ライトコインや日本発祥のモナコインが有名。...続きを読む

  • 握力

    暴落時にコインを手放さないでいられる精神力のこと。将来性のあるコインに対して握力を発揮するのはよいが、名もなき草こいんを握ってはなさないのは本当に賢明なのだろうか。...続きを読む

  • イナゴ

    好材料がある通貨に群がる投資家たちを揶揄する言葉。イナゴによって高騰した通貨はその後暴落するのが常なので、どこで売りぬけるかチキンレースの様相を呈する。...続きを読む

  • イナゴタワー

    イナゴによって形作られた山なりのチャートのこと。イナゴタワーの頂点で売り抜けられるかどうか、今日もイナゴ同士で駆け引きが繰り広げられている。

  • ウェブウォレット

    コンピュータからアクセスできる仮想通貨のWEB上の財布。口座開設や初期設定が簡単である一方でセキュリティ面での懸念もある。大手サイトを利用するのが吉。

  • ASIC

    ASICとはApplication Specific Integrated Circuitの略称で特定の用途向けの集積回路のこと。エーシックと読む。
                   

  •                 

    エスクロー

                    

    取引の際に買い手と売り手の間に第三者が入り、買い手の支払いを一時預かり、売り手の発送を確認後に送金を行うといったサービス。メルカリなどもこの仕組み。
                   

  • 円建て

    暗号通貨の価値を日本円で表すこと。ビットコインで表すことは「BTC建て」という。...続きを読む

  • おつり

    仮想通貨にもおつりという概念がある。仮想通貨におけるおつりを理解するには、仮想通貨における帳簿の概念の理解が必要です。詳しくは詳細ページを見てください。

  •                

    おはぎゃー

                   

    寝ポジをした翌朝、深夜に発生した尋常じゃない値動きにより多大な損失を被ること。朝の仮想通貨TLはおはぎゃーで溢れる。対義語はおはワオ。
                   

  • カ行

  • ガラ

    急激な暴落の際のチャートを名瀑ナイアガラの滝になぞらえて表現した言葉。年始のガラが記憶に新しい。「ガラッた」「ガラがくるぞ」などと使う。...続きを読む

  • 気絶投資法

    値動きに翻弄されて仮想通貨を投げ売ってしまうことを防ぐための手立て。長期保持を前提に、通貨を購入したことを忘れたようにふるまうこと。売った後に限って高騰し後悔した経験は誰にでもあるはず。...続きを読む

  • 草男

    草コインの魅力に取り憑かれ、草コイン取引のみしか行わないツワモノ。草男から億りびとになれる者は少なく、ほとんどは雑草のままその一生を終える。

  • 草コイン

    アルトコインの中でも、有象無象のほぼ無価値なものを指す。世間の注目を集めると価値が暴騰するので億り人を目指して買い漁る人種も存在する。...続きを読む

  • クラウドマイニング

    ハードウェアを利用し遠隔で行うマイニング。サービス・プロバイダが提供するハードウェアのマイニング・パワーの一部を購入することで初期投資や専門知識が少なくてもマイニングを始められる。...続きを読む

  • サ行

  • 雑所得

    2018年1月現在、仮想通貨取引で得た利益が該当する所得項目。税制面で不遇なので法改正が待ち望まれる。

  • 塩漬け

    コインを高値で掴んでしまい売るに売れない状況。ちなみに私は220万でBTCを摑まされ塩漬け状態となっている。...続きを読む

  • JPYマイニング

    自分の肉体をリソースとして日本円を掘り起こすこと。俗にいう仕事。JPYマイニングで十分稼いでいれば仮想通貨で稼ぐ必要もないのだが・・・。...続きを読む

  • ショート

    通貨を空売りすること。値下がりすると利益が出る。

  • シルクロード

    Silk Road(シルクロード)は2011年2月にDeep Web上に作られたマーケットプレイス。Torのみを通じて利用でき、マリファナ、LSDなど禁止薬物や銃などを取引し、唯一の決算手段としてビットコインが使われていた。創設者がFBIに逮捕され、シルクロード自体もFBIにより閉鎖された。映画にでてきそうな””闇の市場””である。仮想通貨は電子データのためこのような取引に適していたのである。

  • スプレッド

    買値と売値の差。これが大きいとポジションを持った瞬間から大きなビハインドを背負って戦うことになるので注意が必要。買値が100円、売値が90円の場合スプレッドは10円。買った瞬間に資産価格が90%になることになる。

  • セルフゴックス

    ウォレットのパスワードなどを失念してしまい、自分の資産にアクセスできなくなってしまう状況。やり場のない怒りに苛まれる。...続きを読む

  • ソフトフォーク

    ブロックの検証規則を新しくするときに起こるフォーク(分岐)のうち、新検証規則に基づいて認証されたブロックが今までのブロックチェーンに繋がるようなフォークのことです。つまり分岐前の仕様と互換性があるということ。一般的に仮想通貨の価値が高まることが多い。対義語としてハードフォークがある。

  • タ行

  •                             

    出川哲朗

                                

    coincheckのCMでおなじみの芸人。同社のNEM事件の際になぜか叩かれていた。芸人としては美味しいポジションを手に入れたようだ。「なんでコインチェックがいいんだよ?」じゃあないんだよなあ。
                               

  • ドージコイン

    Dogecoin(ドージコイン)とは、柴犬をモチーフにした仮想通貨である。発行上限が無限という特徴をもつので値上がりは期待できないが、その愛くるしさや著名人が話題にしたことで一躍知名度を獲得した。

  • ナ行

  • 成海璃子

    bitFlyerのイメージキャラクター。彼女の笑顔につられてBFに登録→仮想通貨トレーダーへと足を踏み入れた者も多いという。...続きを読む

  • 二段階認証

    自分の仮想通貨資産を守るために絶対やらなければならないこと。近頃仮想通貨市場がメジャーになってきたため、クラッカーの脅威に晒される可能性も高まっていると言える。

  • なんぴん

    買い建ての後価値が下がった際に、下値で買い増しをすることで単位あたりの平均買値を下げる手法。下落が予想より長期にわたるとジリ貧となって行く諸刃の剣。...続きを読む

  • 日本ブロックチェーン協会

    ブロックチェーン技術が一層安心・安全な技術としてこれからの日本経済の発展を支える仕組みの一つになり、日本経済の発展に貢献するよう活動する組織。2016年4月15日に一般社団法人日本価値記録事業者協会(JADA)から本協会へ改組した。

  • 寝ポジ

    FX取引でポジションを持ったまま床につくこと。朝起きたら尋常じゃない負債を負っていることがあるため注意。基本は自分が張り付けない時はポジションを持たない。これ絶対。...続きを読む

  • ハ行

  • ハードフォーク

    ブロックの検証規則を新しくするときに起こるフォーク(分岐)のうち、新ルールを新たに適用することで旧ルールの互換性が無くなるものの事。ハードフォークが行われた後は新仕様と旧仕様の二つのコインが存在することとなる(片方が消滅することもある)。ハードフォーク時に該当仮想通貨を所持している場合、分岐後の仮想通貨も獲得できることがあるため、価格の乱高下が起こりやすい。

  • P2P(ピアツーピア)

    中央サーバを介さず個々の端末間で成立するネットワーク。一般的なPC端末もPeerあるいはNodeと呼ばれ、利用される。仮想通貨もP2P方式でデータを交換することで安定した運営を可能にした。...続きを読む

  • ビットコインアドレス

    ビットコインを利用するための口座番号のようなもの。1または3から始まる27~34文字の英数字からなっており、公開鍵から生成される。 ビットコイン送付の際には送付先のビットコインアドレスを指定する。送付もとのビットコインアドレスの秘密鍵を保持していないと送付することが出来ない。

  • フィアット

    日本円などの法定通貨のこと。法定通貨をかっこよく呼びたい時に使える。用例「せっかくの下げなのにフィアット足りなくてBTCを買い増しできないよー」

  • フォーク祭り

    BTCなどのハードフォークにつられて、草コインが次々とフォークすること。BTCハードフォークの際のフォーク祭りでは、スーパービットコインなど有象無象が出現した。

  • プルーフオブワーク

    PoWとも略される、仮想通貨の仕組みのこと。膨大な計算を伴うブロックの承認作業を行い、最初に計算を終えた者が報酬を受け取れる仕組みである。この計算作業のことを採掘(マイニング)と呼ぶ。

  • ブルームフィルター

    ブルームフィルタは計算機科学におけるデータ構造で、非常に速いスピードで、データが存在可否判定を行うことができる。ブルームフィルタの特徴として、「膨大なデータの中から必要なデータが存在することを確実に見つけ出すが、不要なデータについても必要なデータであると判定してしまう可能性がある」という点が挙げられる。簡単にいうと、必要なデータは絶対取りこぼさないけど、必要じゃないデータも取ってくることがあるよ、ということである。これを偽陽性という。

  • ポジトーク

    自分のポジション(売り・買い)に有利なような発言をすること。保持コインを高値で売り抜けるために、「BTCは250万までは確実に上がる」などと発言すること。...続きはこちら

  • ポートフォリオ

    自分の保有している資産の組み合わせのこと。バランスの良いポートフォリオを組むことが人生を幸せに送るために必須。仮想通貨に全ブッコミは博打打ちの所業。

  • ボラティリティ

    価格変動幅の比率のこと。仮想通貨市場はボラティリティが非常に大きいため、一般的な投資商品に比べて投機的であると言われている。草コインは特に大きい。...続きはこちら

  • マ行

  • マイニングプール

    複数のノードが協力してマイニングを行うコミュニティのことである。BTCなどの個人マイニングは採算が取れないことが多く、マイニングプールに参加してマイニングを行うほうが効率が良いと言われている。

  • ヤ行

  • 焼かれる

    FX取引の際、証拠金を一定割合割り込み強制的にロスカットされてしまう状況。追証などが発生すると元本以上の損失が発生するので注意。用例「昨晩の暴落で焼かれた」...続きを読む

  • ラ行

  • 利確

    ポジションを解消、もしくはコインを売って利益を確定すること。利確をすると税金が発生するので要注意。税制上は雑所得に分類される。

  • ロング

    通貨を買うこと。値上がりすると利益が出る。

人気取引所ランキング

 順位取引所特徴公式
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Binance 手数料も安く、草コインの取り扱いも豊富!公式サイト
Zaif取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

更新日:

Copyright© Coin-compass.net , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.