Coin-compass.net|初心者向け - 仮想通貨の最新ニュース

Coin-compass.net

用語集

「焼かれる」の意味・使い方を徹底解説 - 仮想通貨用語解説

更新日:

「焼かれる」や「億り人」など、巷で話題の仮想通貨の専門用語の意味や使い方を解説します。

焼かれる

焼かれる

FX取引の際、証拠金を一定割合割り込み強制的にロスカットされてしまう状況。追証などが発生すると元本以上の損失が発生するので注意。用例「昨晩の暴落で焼かれた」

焼かれるとは強制ロスカットを食らう様を自虐的に表現したものである。FXで信用取引をしている場合(FXで1倍で取引している人はなかなかいないと思いますが・・・)は、自分の証拠金の割合が一定を切ると強制的に決済されてしまいます。これが焼かれるということです。

焼かれるのを防ぐためには、いくつかの方法があります。
まずは寝ポジをしない、ということでしょう。
寝ポジをしている間は当然ながら自分の力が働かないので、焼いてくださいと言っているようなものです。

ポジションは自分が決済できる時間に持つことが大前提です。
他には、一定の含み損が出たら決済をする、というルールを決めておく、というものがあります。自分の中でこういったルールを決めておかないとずるずると含み損を膨らませていき、じっくりと焼かれてしまうことになりかねないです。

焼かれた結果、自分の資産が0になる、で済めば良いのですが、追証が発生して自分の投資額よりも大きな損失を被ることがあるので注意が必要です。長く投資活動を続けるためにも、焼かれないような立ち回りを心がけましょう。

人気取引所ランキング

 順位取引所特徴公式
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Binance 手数料も安く、草コインの取り扱いも豊富!公式サイト
Zaif取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

-用語集

Copyright© Coin-compass.net , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.