Coin-compass.net|初心者向け - 仮想通貨の最新ニュース

Coin-compass.net

用語集

「なんぴん」の意味・使い方を徹底解説 - 仮想通貨用語解説

更新日:

「なんぴん」や「億り人」など、巷で話題の仮想通貨の専門用語の意味や使い方を解説します。

なんぴん

買い建ての後価値が下がった際に、下値で買い増しをすることで単位あたりの平均買値を下げる手法。下落が予想より長期にわたるとジリ貧となって行く諸刃の剣。

なんぴんとは仮想通貨独自用語ではなく、もともと投資全般に使われる用語です。漢字で書くと「難平」となります。
相場が値下がりするたびに買い増しする「なんぴん買下り」と相場が値上がりするたびに売り増すことを「なんぴん売上り」といいます。
仮想通貨市場では一般的に現物取引は買いでしか入れず、FXはポジションを解消しないと買い増し、売り増しできない(なんぴんできない)ので、取引所チャットなどで使われている「なんぴん」は「なんぴん買下り」のことだと考えて問題ないです。

なんぴんのメリットは買値の平均を下げることで利益が発生しやすく点です。つまり下がるたびに買い増すことで、一番高値の買い値まで相場が戻らなくても利益を生み出せるということです。一方でデメリットとしては長期にわたって下げ相場が続いた場合、多額の種銭が必要となり損失が膨れ上がるという点が挙げられます。

一般的になんぴんは悪手とされています。
高値で摑まされた時点で自分の判断ミスであるため早々に撤退するのが最善手です。
また、なんぴんは下がり始めたタイミングで買い増すわけですが、その下げがいつまで続くか、は基本的に不透明なはずです。底がわかるのであれば一旦全売却して損切りし底で買い直せばいいのですから。
なんぴんは自分の判断ミスを誤魔化すための付け焼き刃な手法である、と認識されているようです。
(とは言え下げ相場での増資はしてしまいがちですよね・・・)

なんぴんを防ぐためには、買値より○○%下がったら強制的に損切りする、というルールを決めておくことです。
これによってずるずる含み損を抱えたままの状態となることを防ぐことができます。

人気取引所ランキング

 順位取引所特徴公式
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Binance 手数料も安く、草コインの取り扱いも豊富!公式サイト
Zaif取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

-用語集

Copyright© Coin-compass.net , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.