Coin-compass.net|初心者向け - 仮想通貨の最新ニュース

Coin-compass.net

用語集

「草コイン」の意味・使い方を徹底解説 - 仮想通貨用語解説

更新日:

「草コイン」や「億り人」など、巷で話題の仮想通貨の専門用語の意味や使い方を解説します。

草コイン

草コイン

アルトコインの中でも、有象無象のほぼ無価値なものを指す。世間の注目を集めると価値が暴騰するので億り人を目指して買い漁る人種も存在する。

草コインとは英語ではShit Coinと言われる、暗号通貨・仮想通貨の事です。
草コインの定義は明確には決まっていませんが、一般的にはビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨に対して、限られた人しか存在を知らないようなコインの事を指すことが多いようです。
仮想通貨は世界全体で1000種類以上あると言われており、そのほとんどは草コインといってよいでしょう。

しかし一口に草コインといってもその内情は様々である、ということは注意しておく必要があるでしょう。
誰がなんの目的で作ったかわからないような草コインもあれば、新しい技術を用いて作られた将来有望な草コインもあります。
「草コイン」という単語を界隈でよく聞くのは、草コインには億り人への夢が詰まっているからです。
今は有名になったアルトコインたちもかつてはほぼ無価値な草コインであったことを考えると、草コインのうちに大量にコインを購入しておけば、その後価値が何倍にも増えた暁には億り人になれる可能性を秘めていると言えます。
あくまでこれは数パーセントのコインの話であり、ほとんどの草コインは露と消えていくことを忘れてはいけないが、仮想通貨のようなボラティリティの高い投機商品に好んで投資するような人間は、このようなロマンに抗えないのである。業が深い。

今後「ICO」と呼ばれる仮想通貨を利用した資金調達方法が普及していく可能性があり、草コインの数は大きく増えていくことが予想されています。
有望な草コインに投資できれば大金持ちになれるかもしれませんね。
少なくとも筆者は宝くじを買うくらいなら草コインを買ったほうが確率が高いんじゃないかなあと思っています笑

草コインの使用例


人気取引所ランキング

 順位取引所特徴公式
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Binance 手数料も安く、草コインの取り扱いも豊富!公式サイト
Zaif取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

-用語集

Copyright© Coin-compass.net , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.