Coin-compass.net|初心者向け - 仮想通貨の最新ニュース

Coin-compass.net

用語集

「アルトコイン」の意味・使い方を徹底解説 - 仮想通貨用語解説

更新日:

「アルトコイン」や「億り人」など、巷で話題の仮想通貨の専門用語の意味や使い方を解説します。

アルトコイン

Alternative Coin(代替のコイン)のこと。ビットコイン以外の暗号通貨の相称で全世界に1100種類以上ある。ライトコインや日本発祥のモナコインが有名。

アルトコインはそのほとんどがビットコインの方を真似て作られたものです。それゆえalternative coinと呼ばれています。もし将来的にビットコインの価値を上回るコインが出現した場合はそのコインはアルトコインと呼べなくなりますね。アルトコインと草コインは明確に区別されているわけではありませんが、感覚的にはアルトコインの中でも価値がほとんど認められていないものを草コインと呼ぶ印象です。

ではアルトコインはビットコインと何が違うのでしょうか。それはアルトコインによって様々です。ビットコインと違うこと、そのものがアルトコインをアルトコインたらしめているわけですね。例えばビットコインよりも送金速度の速さに重きを置いたコインや、特定の取引の種類に特化したアルトコインなどがあります。

日本ではコインチェックがアルトコインを一番扱っていたのですが、1月の不正送金騒ぎで取引ができなくなってしまいました。
現状日本では、bitFlyerZaifを利用するのが良さそうです。海外の取引所ではbinanceが多くのアルトコインを扱っていますのでチェックしてみてくださいね。

人気取引所ランキング

 順位取引所特徴公式
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Binance 手数料も安く、草コインの取り扱いも豊富!公式サイト
Zaif取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

-用語集

Copyright© Coin-compass.net , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.